Course Guide
コースガイド - 東コース

勇気あるショットに加え、
デリケートな技も試される。


砲台グリーンが待ち構える3番ホールは、セカンドショットの正確さが勝負の鍵を握っています。またコース中央に松林が君臨する13番ホールは、ドライバーに自信のある方なら、林越えを狙ってみてはいかがでしょうか。そして、左ドッグレッグの15番ロングホールでは、ティショットを松林に近い右端に、勇気をもって打つことがスコアメイクにつながります。ホールごとに攻略法を考えながらプレーを愉しめる、個性豊かな18ホールです。


OUT COURSE

HOLEHDCPPARBACK
Bent
REG
Bent
FRONT
Bent
LADY
Bent
詳細
135505481452444 詳細
2153172149142142 詳細
394383350321313 詳細
414415392339324 詳細
574428389370365 詳細
6133185165157157 詳細
7174366348343343 詳細
8114395377354332 詳細
955548531499493 詳細
合計 81363397318229772913

IN COURSE

HOLEHDCPPARBACK
Bent
REG
Bent
FRONT
Bent
LADY
Bent
詳細
1045519488482482 詳細
11104435392365360 詳細
12164390373368368 詳細
1384381359344328 詳細
14143209202195184 詳細
1525533488461461 詳細
16183168138130130 詳細
17124373344338338 詳細
1864475437402348 詳細
合計 90363483322130852999
総合計 171726880640360625912

ホール詳細




HOLE 1

PAR:5  HDCP:3

広々としたPar5で、クロスバンカーやグリーン周りのガードバンカーなど攻める楽しさを喚起させられるスターティングホール。ティーショットは右のクロスバンカーが狙い目。グリーン左手前の距離のある2つのクロスバンカーにも注意しながら攻めたい。

BACK REG FRONT LADY
BENT 505y 481y 452y 444y

[ティーグラウンド]

[セカンド地点]

[サード地点]

HOLE 2

PAR:3  HDCP:15

グリーン右手前に入り込んでいる池と左奥から池に向かい緩やかな傾斜のグリーンが特徴のPar3。グリーン手前のグラスバンカーの先にはマウンドもあり、結果オーライを阻んでいる。高い球で確実にグリーンを捕えていきたい。

BACK REG FRONT LADY
BENT 172y 149y 142y 142y

[ティーグラウンド]

HOLE 3

PAR:4  HDCP:9

砲台グリーンが特徴のPar4。グリーン正面の縦長でアゴのあるバンカーが距離感を狂わせるので注意が必要。グリーンは右奥から左手前に向かい傾斜がきつく、球筋によってはグリーンからこぼれやすくなっている。

BACK REG FRONT LADY
BENT 383y 350y 321y 313y

[ティーグラウンド]

[セカンド地点]

HOLE 4

PAR:4  HDCP:1

グリーン右手前の松林は高さが有りスタイミーになってしまうのでティーショットでは左サイドの一本松が狙い目。グリーン手前のガードバンカーは深く避けたいが、グリーンの奥行きはかなり浅いため、アプローチの距離感には十分な注意が必要とされる。

BACK REG FRONT LADY
BENT 415y 392y 339y 324y

[ティーグラウンド]

[セカンド地点]

HOLE 5

PAR:4  HDCP:7

ティーショットでは、右サイドのマウンドの立木を狙っていくのがベスト。ホール全体を通じて左サイドが浅く、特にグリーン左奥はOBになりやすいので、右サイドから狙っていくのが正攻法といえる。

BACK REG FRONT LADY
BENT 428y 389y 370y 365y

[ティーグラウンド]

[セカンド地点]

HOLE 6

PAR:3  HDCP:13

グリーンへの花道が広く、グリーン周りがゆったりと造られているのが特徴のpar3。グリーンは左奥からの傾斜となっており、オーバーはアプローチが難しくなるので避けたい。セオリー通り右サイドの花道から攻めたほうが良い。2つのガードバンカーに気を付けながらプレッシャーに負けず、勇気あるティーショットを。

BACK REG FRONT LADY
BENT 185y 165y 157y 157y

[ティーグラウンド]

HOLE 7

PAR:4  HDCP:17

傾斜を生かし変化をつけた右ドッグレッグのPar4で、バンカーが1つも無いのも特徴である。更に、グリーンへの花道は馬の背になっており、周囲は窪地になっているため、アプローチには高い技術を要する。

BACK REG FRONT LADY
BENT 366y 348y 343y 343y

[ティーグラウンド]

[セカンド地点]

HOLE 8

PAR:4  HDCP:11

フェアウェイ右サイドのダブルバンカーとその奥にある松林がプレッシャーを醸し出すPar4。ティーショットでは、左サイドのクロスバンカーを狙っていくのがベスト。セカンドショット以降は、グリーン右サイドが広く狙いやすい。

BACK REG FRONT LADY
BENT 395y 377y 354y 332y

[ティーグラウンド]

[セカンド地点]

HOLE 9

PAR:5  HDCP:5

広々としていて思い切りティーショットを堪能できるPar5。しかし、グリーン周りにはガードバンカーが4つ配置されており、ロングヒッターといえども2オンが難しくなっている。グリーンの奥は下り傾斜になっている為オーバーは禁物。サードショットで得意なクラブを使用出来るようにマネジメントしていきたい。

BACK REG FRONT LADY
BENT 548y 531y 499y 493y

[ティーグラウンド]

[セカンド地点]

[サード地点]

HOLE 10

PAR:5  HDCP:4

2打目以降はコース右サイドを広く使いたいので、ティーショットは左サイド2番目のクロスバンカーが狙い目。グリーンへの花道が無い上、グリーン手前に広がる大きなバンカーに距離感を惑わされないように注意して攻めたい。

BACK REG FRONT LADY
BENT 519y 488y 482y 482y

[ティーグラウンド]

[セカンド地点]

[サード地点]

HOLE 11

PAR:4  HDCP:10

高低差のある右ドッグレッグのPar4。右サイドのクロスバンカーからグリーンを狙えない為、ティーショットは左サイド2番目のクロスバンカーが狙い目。グリーン奥はOBまでが浅いので、バンカー越えを狙っても距離には十分な注意が必要である。

BACK REG FRONT LADY
BENT 435y 392y 365y 360y

[ティーグラウンド]

[セカンド地点]

HOLE 12

PAR:4  HDCP:16

右サイドのせり出た松林と両サイドにあるクロスバンカーによりプレッシャーのかかるPar4。背丈ほどある深いガードバンカーには注意が必要。また、グリーン奥は下り傾斜でOBになりやすいので慎重に。

BACK REG FRONT LADY
BENT 390y 373y 368y 368y

[ティーグラウンド]

[セカンド地点]

HOLE 13

PAR:4  HDCP:8

正面の密集した松林が印象の強いPar4。パワーヒッターは、中央の松林越えを狙いたいところだが、松林の左にはOBが待ち構えているので注意が必要。見えづらいグリーンをとり囲むガードバンカーにも気をつけて攻めたい。

BACK REG FRONT LADY
BENT 381y 359y 344y 328y

[ティーグラウンド]

[セカンド地点]

HOLE 14

PAR:3  HDCP:14

四方にレイアウトされたガードバンカーを避け、いかにグリーンを捉えるかが鍵となる、見た目もきれいなPar3。距離も有り左サイドにはOBも待ち構えているので右サイドの花道が狙い目。

BACK REG FRONT LADY
BENT 209y 202y 195y 184y

[ティーグラウンド]

HOLE 15

PAR:5  HDCP:2

きつい左ドッグレッグのトリッキーなPar5。欲を出して左サイドを狙うとセカンド地点からはグリーンが見えない事も。ティーショットは、右サイドがお勧め。2打目・3打目でも左傾斜の先にはOBがあり、最後まで気の抜けないホールである。パワーヒッターは、グリーン右サイドからの2オンに挑戦してほしい。

BACK REG FRONT LADY
BENT 533y 488y 461y 461y

[ティーグラウンド]

[セカンド地点]

[サード地点]

HOLE 16

PAR:3  HDCP:18

池越え、そしてグリーンを覆う5つのガードバンカーが特徴のPar3。グリーンは横に長く、右側が遠く左側が近い形状で、正確な方向性・距離感が求められる。

BACK REG FRONT LADY
BENT 168y 138y 130y 130y

[ティーグラウンド]

HOLE 17

PAR:4  HDCP:12

お皿をひっくり返したような形状のグリーンが特徴の右ドッグレッグのPar4。ティーショットでは、右サイド松林ギリギリが最短距離だがクロスバンカーが待ち構えている。グリーンを狙う際には、攻めすぎるとグリーン奥にこぼれやすくなっているので注意が必要。

BACK REG FRONT LADY
BENT 373y 344y 338y 338y

[ティーグラウンド]

[セカンド地点]

HOLE 18

PAR:4  HDCP:6

前上がり・前下がりと入り組んだ大小のアンジュレーションのフェアウェイが特徴の距離があるPar4。グリーンは縦長で傾斜もあり、2段グリーンかと錯覚を起こす場合も。又、左手前の広大なバンカーも恐れずに、是非2オンにも挑戦してほしい。

BACK REG FRONT LADY
BENT 475y 437y 402y 348y

[ティーグラウンド]

[セカンド地点]

取手国際ゴルフ倶楽部
TORIDE KOKUSAI GOLF CLUB
〒300-2307 茨城県つくばみらい市板橋2994
TEL:0297-58-2211(代表) 0297-58-8821(予約専用) / FAX:0297-58-1122